ねこらぼノート

Practice and Theory of Thinking for Business, Science and Life

統計

データの把握方法まとめ

データの把握方法について、1変数データ・2変数データ、質的データ・量的データ、定性的把握・定量的把握という軸で整理してきたので、全体像を整理する。

2変数データ(質的データの定量的把握)

2変数データ(質的データ)の定量的把握についてスピアマンの順位相関係数を説明する。

2変数データ(質的データの定性的把握)

2変数データ(質的データ)の定性的把握について説明する。

2変数データ(量的データの定量的把握)

2変数データ(量的データ)の定量的把握について説明する。

1変数データ(質的データの定量的把握)

1変数データ(質的データ)を定量的に把握する方法について説明する。

1変数データ(質的データの定性的把握)

1変数データ(質的データ)を定性的に把握する方法について説明する。度数表、棒グラフとその見方について説明する。

2変数データ(量的データの定性的把握:散布図とその見方)

2変数データ(量的データ)を定性的に把握する方法について説明する。散布図とその見方について説明する。

1変数データ(量的データの定性的把握と定量的把握の違いと使い方)

前回までに量的データの定性的把握(度数分布表、ヒストグラム)と定量的把握(平均値など)について説明してきた。今回は、量的データの定性的把握と定量的把握の違いと使い方について説明する。

1変数データ(量的データの定量的把握)

位置による分類、広がりによる分類、非対称性による分類、尖りによる分類を定量的に把握するための指標を説明する。

1変数データ(量的データの定性的把握)

1変数データの分析は多次元データにおいても最初に行う内容となる。今回は、量的データに利用できる数を数える度数分布表、それを可視化したヒストグラム、ヒストグラムの見方(分布の形状)について説明する。

1変数データ、多変数データ

1変数データ、多変数データについて説明する。

質的データと量的データの違い、測定の尺度の整理

データの種類(質的データ、量的データ)、測定の尺度(名義尺度:Nominal、順序尺度:Ordinal、間隔尺度:Interval、比尺度:Ratio)を説明し、その関係を明らかにする。